お役立ち情報

カフェ出張講座:Excel講座まとめ

昨日はSimple Boxさんで、3回目のExcel講座でした。

前回から続けての参加者が多かったので、事前にどんな表が作りたいかヒアリングをしていました。
今回はリクエストのあった「在庫管理表」を作りながら、どうやったら便利になるかをお話しました。

こんな感じの表を作りました。在庫が少なくなったら、セルの色が変わります。

セルの条件書式で、在庫が少なくなるのを知らせる機能には、「使えそう!」の声が上がっていました。さっそく、それぞれ思い思いの条件を入れて試していました。

前回参加された方が、「Excelできるというのが、相手にどのくらいを求められているか分からない」と言っていたのが、私の中でとても印象に残っていました。

そこで、今回は単に自分のレベルに合ったスキルを獲得するだけじゃなく、ちょっと背伸びした景色も見てもらおうと思い、
(カリキュラムがあるとすれば)もっと後から出てくるマクロを使って作業を記憶させる方法や、さらに上のプログラムを使ってExcelを操作する、といったところまで見てもらいました。
Excelを使えばどこまで出来るのか、そして自分は今何が出来るのかを知ってもらうことが目的です。

「商品追加」ボタンを押すと、自動的に新しい商品の表を作ってくれます。(マクロで作業を覚えさせた)
仕入れと売り上げを別シートで管理し、在庫シートで作家を選ぶと、その作家の在庫を表示してくれます。「販売済データの削除」ボタンを押すと、不要になった行を削除してくれます。(ExcelにVBAというプログラムを組み込んだ)

ある程度は、これを覚えればこんなことも出来るんだ!というのを体験してもらえたのではないかと思います。

マクロという言葉は、全員聞いたことがある(私的にはとても意外でした)とのことでしたし、マクロで作業を覚えさせることは、思ったより皆さんすんなり出来ていて、
とても大きな気づきを得ることが出来ました。

「これを、何に使えばいいのか、すぐには思いつかないやー」
と言われていましたが、出来ることを「知って」しまったので、必ずや仕事のどこかで「これだ!」と思う日が来るでしょう。
その時の話を聞くのが、今から楽しみです。

ご参加くださったみなさん、ありがとうございました!